CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
ぽちっとしてもらえると、うれしいです♪
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
OTHERS
 


SPONSORED LINKS

嵐が、大好き! 
5人、みんな、大好き! 
<< 雑誌の嵐。 | main | スリーノックダウン。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - |
Beautiful days。

ココ最近、
特番が、続いてるじゃないですか?

なので。
とりあえず、見たいものは、
録画して、休みの日に、
がっつり見るんですけど。

…あ。
嵐の番組は別です。
ON TIMEで見ます。(^^)

でね。
この間、放送していた、
MステSPを、旦那と一緒に見ていたんですね。

嵐くん達、出てないしなぁ。
ランキングだけ、確認しておくか、的な感じでいたんですよ。
そしたら。
ウチの旦那サマ。

「あれ、ニノじゃね?」

…は?

ど、どこに?!

巻き戻して見たら。
小っちゃく、映ってた。(ビックリ)

J−Friendsが歌ってるバックで。(^^;)

べらぼうにかわいい男の子が。
楽しそうに、歌ってた!

すごいぞ!
そんなに、視力が良いなんて!(←そこ?)


ってコトで。
そんなニノが、 (←どんなだよ)
楽しそうに話している、
『Bay Storm』をさらっと。
よろしければ、続きをどうぞ。(^^)



と。
その前に、拍手のお礼を。
ポチポチっと、拍手、ありがとうございますっ♪
ホントにホントに、うれしいデス☆

Sサマ。
こんばんは!初めまして!
そして、いらっしゃいませ〜♪

そんなそんなっ!
もったいないお言葉っ!!
そんなコト言っていただけて、ホントに幸せデス☆

私も、一緒ですよ。(^^)
嵐のコトが話したくて、ブログ始めたんですから。(^^)
どんどん語っていきましょう!!
私の方こそ、良かったら、
お友達になってくださいねっ♪

Sさんのブログにも、遊びに行かせて下さいね♪

コメントいただけて、ホントにうれしいです!
よかったら、また、いらしてくださいね♪
お待ちしてます〜☆


Mサマ。
こんばんは♪初めまして!
そして、いらっしゃいませ〜♪

こんな遠いトコまで、いらしていただいて、
ありがとうございますっ♪

ホント、嵐くん達の、雑誌の多さに、驚いてます。
でも、どうしても、見たくなっちゃうんですよね。(^^;)
そうかぁ。
我慢したなんて、すごいなぁ!!(尊敬)
私も、Mさんのような、心の強さが欲しいです。(^^;)

コメントいただけて、ホントうれしかったです♪
良かったら、また、いらして下さいね☆
お待ちしてます〜!(^^)



JUGEMテーマ:ジャニーズ


今日のニノラジオ。

ゲームの話がいっぱい。(^^)
前に、ニノニッキでも出てた、
クロノトリガーともう一つ(グリーだか、ブリーだか聞き取れなかった)
の、2つのゲームを、
ものすごく、語ってたニノ。

リスナー、置いてけぼりで。(^^)

でも、
好きなものを熱く語るニノが、かわいくて、
なんか、微笑んじゃうんですよねぇ。(^^)

クロノトリガーに至っては、
「(時間が短すぎて)説明書でいうと、
 2ページ分くらいしか、語れないですよ」って!

時間があったら、
どんだけ、語っちゃうんでしょうね?(^^;)

コレを聴いてたら。
ずいぶん前ですが、
2時っチャオのトークコーナーに、
ニノが出演した時。(マラソンの番宣のときかなぁ?)
ゲームについて、熱く語ってたのを思い出しました。(^^)


そして!
今回は、なんてったって!

『Beautiful days』ですよ!!
初めて、流してくれました!!(^^)

前に、相葉ちゃんがラジオで、
『切ない曲』って言ってたのが、
ホントに、よく分かりました。(^^)

胸がキュンとする感じ。
聴いていたら、
何でだか、わからないけど、
感情がこみ上げてきて、涙がでてきそうになりました。

ホントに、嵐くん達は、
ステキな曲に、めぐり合うなぁ。(^^)

早く、『流星の絆』を見ながら聴きたいなぁ。(^^)


今回は、
ニノのゲームの話も聴けたし。
新曲も聴けたし。
大満足のニノラジオでした。(^^)
来週も、楽しみです♪





|  ニノラジオ。 | 00:42 | comments(0) |
スポンサーサイト



| - | 00:42 | - |









http://a-tanagokoro.jugem.jp/trackback/191