CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
ぽちっとしてもらえると、うれしいです♪
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
OTHERS
 


SPONSORED LINKS

嵐が、大好き! 
5人、みんな、大好き! 
<< 『僕には、愛なんて、必要ない…!』 | main | がんばった大賞。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - |
『許してくれ…僕の事も…あなたの事も…』

とうとう、終わっちゃいましたが。
放送後から、何度も、リピしています。

ホントに、
おーちゃんと、斗真くんで、良かった。(^^)
二人の、がっぷり四つの芝居を、
3ヶ月、ワクワクドキドキしながら、見ることが出来て、
ホント、良かったです。(^^)


ってコトで。
さっき、うっかり、忘れてた10話をUPしましたが。
今回は、『魔王』最終話です。
いつも、長くて、すいません。(^^;)

よろしければ、続きをどうぞ。(^^)



JUGEMテーマ:ジャニーズ


典良が、直人を呼んでると聞き、
典良の元へ行く、直人。
今までの思いを、吐露する典良。
それは、遺言のようでもあって、切なかったです…。

部屋を出て行った直人を見送って。
懐から、メモと、タバコを出す典良に。
どんだけ、心の中で、
直人っ!気づけよっ!!って、叫んだか…。

直人が、戻ってきた時には、
もう、時すでに遅し…。
こんな、最期、悲しすぎます…。(泣)

霊安室に、駆け込んでくる、栄作。
『お父さん ご迷惑をおかけして 申し訳ありません』
と、書いてあるメモを渡され、
泣き崩れる、栄作。

「直人…私を、許してくれ…」

それは、初めて、直人に言った、正直な気持ち。
壁のように立ちふさがってた、父親が。
今では、背中が小さく見えて。

「どんな事があっても、
お前たち二人は、私の息子だからな」

もっと前から、
こんな風に、話せていれば、良かったのにね…。(泣)
悲しみに打ちひしがれる、直人に。
苦しくて、悲しくて、胸が痛いです。


警察署で、中西と出くわす、成瀬。

「お願いです。芹沢を、許してやってください…」

きっと、心の奥底では、許してるんじゃないかなぁ。
っていうか、そうであってほしい。
ね?そうですよね?
それでも、最後まで、復讐を止めない、
真の目的は、何なんでしょうか…。


栄作は、一人家に戻り。
楽しげに写った、写真の典良を、
愛おしそうに、寂しそうに、
眺めてたと思ったら。

突然の、発作!!

えぇーっ?そんな展開、ありですか?(←ありです)
直人っ!早く、気づけよっ!!(←二回目)

一方。
成瀬の前に、しおりが現れて。
しおりの元を、去ろうとする成瀬に、
後ろから、抱きしめる、しおり。
必死で、成瀬を止めようとするけれど。
成瀬の意思は、固くて。
そっと、手を解き、立ち去っちゃうのね。(泣)

どうしてなんすかっ!
こんなに、手を伸ばしてるのに。
どうしてなんすかっ!!(←のめり込みすぎ)


直人が家に戻ると。
時すでに、遅し。(←二回目)

栄作は、息をひきとっていて。
やっと、栄作の気持ちが分かったのに。
もっと、栄作と話がしたかったのに。
また、一人。
直人の元を、離れていってしまったのね。(泣)

直人の瞳が、
魔王になっていく…。

保釈が認められた葛西は。
マリを幸せにする道を選び、歩き出します。

でも、それを見ていたのは。

やーまーのーーっ!!

また、お前かっ!!!
表情が、怖いっつーのっ!!!

成瀬をなじる、山野。

「あなたは、誰のために復讐しているんですか?」

そうですよね。
山野は、完全に、
自分のためになっちゃってるんですよね。

ナイフを出す、山野。
11年前の、英雄と同じように止める、成瀬。
思いとどまるかと、思った瞬間。

ナイフが、成瀬に!(驚)

うずくまる、成瀬。
何すんだよぉーーーーっ!!山野っ!!

立ち去った山野は、真っ直ぐ葛西の元へ。
また一人、犠牲者が。
そして、後になって、
山野も、警官に射殺されたことが、ニュースで流れて。
こんな展開、悲しすぎです…。

しおりの元には、成瀬から、
手紙と、オルゴールが届いて。
急いで電話をかけるけど。
成瀬がとった電話の相手は、直人!!

走り出すしおり。
決意に満ちた表情で歩き出す、直人。
苦しみながら、ゆっくり歩き出す、成瀬。

しおりに宛てた、手紙は、
ホントに悲しいものでした。
結局、しおりの手をとることは、ないと、分かったから。

「あと一人、死ななくてはいけない人間がいるんです…」

ココで、かかる、『truth』!!
ホント、この曲って、すごいっ!
悲しみと、焦燥感と、色んな感情が渦巻きます。

ココら辺から、
怒涛の17分に突入ですね。
もぉ、ドキドキです。

直人に見られないように、
スーツのボタンを留める、成瀬。

「今、死ぬわけには、いかないんだ…」

今って…。


直人の元に現れる、成瀬。
そこは、11年前、事件があった場所。

「結末に、ふさわしい場所ですね」

銃を向ける直人。
引き金を引こうとするけど。
どうしても、撃てなくて。

「早く、殺せっ!」

その言葉を聞いて、銃を下ろす、直人。

「アンタの目的は、これだったのか…」

直人に、成瀬を殺させて、
今度こそ、人の裁きを受けさせること。
それが、真の目的…。

「これで、全部、終わる…」

撃ってくれ、殺してくれと、直人に詰め寄る、成瀬。

地面に落ちる、銃。

「俺には、あなたを、殺せない…」

直人が、殺せないなら、と、
震えた手で銃を拾い上げ、自分の頭に突きつける、成瀬。
止めようとする、直人。
殺してくれと叫ぶ、成瀬。
もみ合いの末に、放たれた、銃弾。

一瞬、顔を見合わせて。
崩れ落ちたのは、

直人。

完璧な復讐劇が、
最後の最後で、計画が狂った瞬間でした。

「許してください…俺の事も…あなた自身も…」

力尽きる、直人。

「死ぬな、芹沢…!」

直人を抱きかかえる、成瀬の心の中では、
直人のコト、きっと、許してたんだよね。
許せないのは、自分自身。
激しい後悔が、渦巻いてます。

「許してくれ…僕の事も…あなたの事も…」

しおりが、現れた時には、
もう、時すでに、遅し。(←三回目)
寄り添って、眠るように、息をひきとった後でした。(泣)

そして、誰も、いなくなったか…。

…悲しすぎる。こんな結末。(号泣)

時は経って。
警察を辞めて、海の近くへ引っ越した、
中西の元を、しおりが訪れます。

実は、私が一番号泣したのは、
三宅さん演じる、中西が、
海に向かって、気持ちを吐露するトコでした。

残された人たちの、悲しみは、消えなくて。
最後の最後に、胸につきささってきました。
 

はぁぁっ。
終わっちゃった…。

最終回で、
こんなに、誰もいなくなると、思ってなかった。(^^;)

体当たりで演じた、
おーちゃんと斗真くんに、心から拍手とありがとうを。

こんな、
最後まで、救われない役、
二人とも、大変だっただろうに。(^^;)

おーちゃんには、
すぐに、お芝居、やって欲しいなぁ。
今度は、180度違う、とびきり明るい役で。
おーちゃんの泣き顔は、切なすぎた。
次は、とびっきりの笑顔が、見たいです!

『ピカ☆☆☆ンチ』なんて、いかがでしょう?
もうすぐ10周年だし。

とにかく。
いろんな役を、やって欲しいな。


さて。
『魔王』をリピしすぎて、
気持ちが、ズドーンと、落ちてるので。
『ヤスコとケンジ』でも見よっと。(^^)

最後まで、読んで下さって、
ありがとうございました!!
ニノのドラマは、もっと端的にするように、心がけます。(^^;)


|  おーちゃんドラマ。 | 12:05 | comments(0) |
スポンサーサイト



| - | 12:05 | - |









http://a-tanagokoro.jugem.jp/trackback/167